カテゴリ:間( 47 )
今年の出来事→17年前の出来事
いよいよ2011年の仕事納めの日。
最近、TVを見ていても今年1年を振り返る番組も多くなり、いよいよ年末だなーと感じています。
私自身も今年を振り返ると、やっぱり年末TVの特集番組と同じように「東日本大震災」が大きな印象として残っています。

それは、今回の「大震災」は、私にとっては17年前の「大震災」である阪神淡路大震災と見えない糸でつながっているような気がしているからです。阪神淡路大震災の当時は、神戸市灘区で被災し、建物の倒壊や火災を目の前で体験していたこともあり、今回の大震災も発災直後から人ごとのようには思えませんでした。
しかし、阪神淡路大震災の時は、復旧・復興期には被災地にいながら何もできず、ただ大学に通いながら神戸の復興を見てきたことがずっと心の中に残っていました。今回は、3月から宮城県東松島市社協と連携しながら、半年にわたり災害ボランティアセンターの支援を続けるなかで、ほんの少しは被災地のお手伝いができたのかなと思います。

今年は、そんなこんなで1年間ダッシュで駆け抜けたこともあり、時間をかけたり丁寧に仕事ができてないところもあるかもしれませんが、ご容赦いただければと思います。来年は、改めまして、しっかりと取り組んでいければと思っています。

最後になりますが、今年、当センターにご協力いただきました関係者の皆さま、本当にありがとうございました。そして、センターを支えてくれましたスタッフの皆さま、ご苦労さまでした。040.gif
来年も皆さまが良き1年になりますように、祈念いたします。

皆さま、よいお年を!072.gif
[PR]
by kvnc | 2011-12-28 18:47 | | Comments(2)
Merry Christmas
今日は、クリスマス・イブ!
といっても、独身・若者スタッフの代わりに出勤しました。

こんな世の中がウキウキとしている日に、席に座ると岩本さんからNPO法人設立関係書類が2件置かれていてました。こんな日に・・・と思いつつも、書類をキチンとチェックしていきました。
しかも、もう1件、私が直接受けている法人設立関係書類もチェックしました。
なんと、3件チェックしていると、あっという間に午前中が終わってしまいました。1日3件チェックは、センターに来て初めてかなと思いました。
来年4月までに法人設立を目指す方には、年内に県担当課へ申請が必要ということで、駆け込み法人設立という感じですが、今年は、例年に比べても多いです。(年間通じても法人設立が多かったかな?)
NPOを立ち上げたいという機運が高まっているのかな・・・

気がつけば、夕方、今から家に戻って、メリークリスマスです。
[PR]
by kvnc | 2011-12-24 17:37 | | Comments(0)
被災地支援終了
昨日まで、支援を続けてきた宮城県東松島市への職員派遣が終了します。
3月11日の震災以降、これまでのべ71名の職員が被災地支援を行っています。

震災直後は、ライフラインも十分でなく、食料や水を持参しながらの宮城県に向かっていましたが、先週、宮城県を訪問した時には、沿岸部の地域や仮設住宅を除き、多くの方が普段の生活に戻っているように感じました。そんな姿を見ると、微力ながら私たちの支援が活きたような気がして、うれしく感じました。そして、何より地元の社協職員さんに笑顔が戻ったことが、一番うれしく思います。

被災地の東松島市社協は、これから生活復興支援センターとして、本格的に仮設住宅の入居者の支援等が始まっていきます。私たちの支援は終了ですが、地元はこれからも全力の支援が続きます。私たちとしては、遠くからしっかりと被災地の活動を見つめていきたいと思います。それが、今後の南海地震への対策にもつながると思っています。

被災地支援に協力いただきました皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by kvnc | 2011-10-08 18:04 | | Comments(0)
リープルパン
少しずつ秋らしくなって来たかと思いきや、昼間はまだまだ夏ですね。
今日は、スタッフ5名が東部のNPO訪問に行ってしまいましたので、残るメンバーで留守番でした。

そんな中、今日は、鏡川橋の近くのパン店「アダージョ」(高知市本宮町189-4)に行ってきました。
「アダージョ」さんでは、高知商業高校の生徒さんと共同企画した“リープルパン”を販売しているとのことで、その経緯などを伺ってきました。ちなみに“リープル”とは、ひまわり乳業さんが製造販売しています高知オリジナルの乳酸菌飲料です。

f0006215_1846354.jpg


きっかけは、「アダージョ」さんが5年ほど前に現在の場所に引っ越しをしてから、高知商業高校の生徒さんとの交流が始まり、学校の授業で新しい商品の企画を行っているなかで、高校生から「リープル味のパンがあったら美味しいね」という高知の高校生らしい発想から、“リープルパン”が生まれました。もちろん、リープルは、ひまわり乳業さんの商品ですので、名前やロゴの使用にはひまわり乳業さんの許可がいりますが、この経過を聞かれたひまわり乳業さんも二つ返事で了承していただいたようです(ひまわり乳業さんとの交渉は、高校生が行ったりもしているようです)。

パンのデザインは、学生さんが考えられたようで、帽子パンのようなパンにハートのマークがついているかわいらしい模様で、そのパンの中にはリープル味のクリームが入っており、これは「アダージョ」のシェフの藤田さんが絶妙の配合で作られているようです。まさに高校生とパン職人のコラボでできたパンです。

最近では、リープル味の「クッキー&キャンディー詰め合わせ」商品も開発され、またまた新たな商品が販売されていました。

f0006215_18472052.jpg

(パンの箱には、高知商業高校企画商品と記載されています)

シェフの藤田さんは、現在3人の障害のある方を雇っていますが、今後も、“リープルパン”の販売を通して、障害のある方の雇用を進めていきたいと考えられているようです。高校生とのコラボで新商品が生まれ、そこから障害者雇用という社会課題の解決につなげたいという藤田さんの話は、NPO活動につながるものがありました。

藤田さん、今日はお忙しいなか、お時間をいただきありがとうございました。
[PR]
by kvnc | 2011-09-13 18:58 | | Comments(0)
いよいよボラフェス
いよいよ明日は、こうちボランティアフェスティバルです。
ボラフェスチームの皆さんを中心に5月から準備をしてきて、いよいよ本番です。
皆さん、本当にご苦労様です。

なんといっても今年は、東日本大震災の被災地支援がテーマです。
高知からできる支援をみんなで考え、そして届ける思いを込めて、「届けよう心の絆~高知からできること~」をメインテーマにしました。

被災地の報告、写真展示、防災グッズコーナーなどの災害関係のコーナーをはじめ、ものづくりのコーナーや飲食ブースなどお楽しみコーナーもたくさんあります。

明日はたくさんの方に来場していただき、高知からの支援が届けることができれればと思っています。
[PR]
by kvnc | 2011-08-20 19:44 | | Comments(2)
災害業務モードから日常業務モードへ
気がつくと、もう7月の最後になっていました。どうりで、暑いわけですね。今年度も4カ月、約1/3が過ぎていました。

7月までは、センター全体が災害業務モードで、職員も宮城県東松島市へ行きながら、また、高知へ避難してきた方への支援をしながら普段の業務を進める状況でした。支援をしてきた東松島市の方では、災害ボランティアセンターの活動も落ち着いてきており、8月からは、地元中心の復興支援体制に移っていくようになりました。災害当初は、本当にどうなるのかと先が見えない状況でしたが、次の活動に進めるような体制ができてきて、本当に良かったと思います。

しかし、ふとわが身を振り返ってみますと、今年度の事業で早く取りかからなければならないものが、いくつか溜まっていました・・・8月には、メインのボランティアフェスティバル、そして、今年から実施している新しい公共支援事業の数々・・・8月からは、ギアを入れかえて頑張ります。
[PR]
by kvnc | 2011-07-29 18:30 | | Comments(0)
高知でできること
 災害発生後、1ヵ月が過ぎましたが、センターはバタバタです。
 現在は、高知に避難された方の支援プロジェクトを詰めていっております。高知に来ていただいて、少しでも良かったと思っていただけるようなことができればと考えています。それこそが、今、「高知でできる」ことかもしれません。
 といいつつも、大事な任務もありますが、GWのボランティアピークに向けた出動準備もしていかなければなりません。このGWをうまく活用して、多くのニーズ対応ができればと考えています。そのためにも、現地と連絡をとりながら準備を進めていかなければなりません。

 3月23日に現地に行った時の様子です。
 今度は、どれくらい変わっているのかな・・・まだまだかな・・・

(東松島市大曲地区)
f0006215_17153068.jpg

(東松島市野蒜地区)
f0006215_17173066.jpg

(東松島市災害ボランティアセンター)
f0006215_17183741.jpg

[PR]
by kvnc | 2011-04-16 17:20 | | Comments(0)
寒さ再来
今日は、突然、冬に戻ったような日になりました。
高知でも山間部は雪と、こんな春先にめずらしいです。

この寒さで、東北地域の被災者の方の生活は、より一層厳しくなったことと思います。
また、高知から被災地に向かった3名の状況も不安となります。

さて、明日で災害発生1週間となります。
被災地から遠い私たちには、テレビ以外の情報はなかなか伝わってこないため、多くの人は何かしたい気持ちを抑えながら待つしかありません。状況は、徐々に良くなりつつあるかと思いますが、まだまだ救援・支援が届かないところもあるのではないかと心配です。

今日も、多く方からボランティアや物資の問合せが続きました。
[PR]
by kvnc | 2011-03-17 20:55 | | Comments(0)
大変なことに!
 今日のお昼からは、「ボランティアセンター研究会」という本年度始めた市町村社協ボランティアセンター機能強化のための実践研究会を行っていました。機能強化といっても、「ボランティアセンターが大事だ」という理念だけでは具体的な取り組みは進まないというこもあり、具体的に社協職員が企画・行動に移せるためには、タイムマネジメントから変えなければならないというところを、高知女子大の新藤先生と参加した市町村社協の皆さんと検討していきました。

 
f0006215_18514375.jpg


 検討の中で、高知県内のボランティアセンターは、担当者が兼務であり時間的な制約もあるが、逆にその兼務をメリットとして、他の事業にボランティアとのつながりを見つけていくことができるというのが特徴として分かってきました。
 来年度は、ボランティアセンターをその他の事業とのつながりを強化すべく取り組みが必要と感じました。

 と、そんな議論をしているときに、「宮城県で大地震発生」という速報が入ってきました。被害の大きさにみんな驚きました。おそらく各県にもいろんな協力要請が想定されますので、素早い対応ができるよう準備します。
[PR]
by kvnc | 2011-03-11 18:53 | | Comments(0)
NPO法人会計基準学習会を開催
 昨日3月9日(水)の午後6時30分から、高知市市民活動サポートセンターと共催して「NPO法人会計基準学習会」を開催しました。当初は、NPO法人会計基準の周知も充分にできていないこともあり、参加者が集まるかどうか不安がありましたが、NPOの役員・会計担当者を中心に48名(関係者7名)も参加いただきました。また、遠くは、隣の徳島県からの参加もありました。

 講師は、五百竹宏明先生(県立広島大学)にお願いし、五百竹先生の話は、非常に分かりやすく、かつ、熱心にお教えいただき、受講者からは非常に高い評価をいただきました。
五百竹先生、ありがとうございました。

f0006215_190172.jpg


 次の決算から会計基準の適応を考えているNPOもいくつかありますので、来年度も引き続き学習会など企画していく予定です。
[PR]
by kvnc | 2011-03-10 18:00 | | Comments(0)