カテゴリ:笹岡( 3 )
全国ボランティアフェスティバル
11月12日、13日に両国国技館や青山学院大学等で開催された第20回全国ボランティアフェスティバルに行ってきました。

全国ボランティアフェスティバルには初めて参加しました。
シンポジウム・分科会・フィールドワークと色々なことが勉強になりました。
今年は東日本大震災が発生して、日本中が多くの悲しみに包まれました。
第20回ボランティアフェスティバルでも震災関連が主なベクトルを占めていました。
本当に色々と感じることの多かったイベントでした。

2日目は「大震災における中・高校生の支援の可能性」と題した分科会に参加しました。
なぜこの分科会を選んだかというと・・・
東松島市社協の千葉課長と、ボランティアで活躍した現地の高校生、須田君・高橋君が事例発表をすることになっていたからです。
まず、千葉課長が15分程、東松島市の状況やこれまでの経過をお話されました。
そして、須田君は高校生とは思えない安定した口調で、自らのボランティア活動を話しました。
その後に高橋君。
高橋君が実に熱かった!!色々な想いや気持ちを熱く語ってくれました。

千葉課長に間さんより預かったお土産を手渡すと
「こちらがお土産をお渡ししないといけないところを・・・」
と、高知県内の社協へのお礼を、何度も言ってくれました。

この2日間、行動をともにすることの多かった
土佐町社協の上田さん
土佐町役場の山下さん
香南市社協の小川さん
楽しい時間をありがとうございました!

そして、最後に・・
実は往路の高知空港でプロレスラーの〇〇選手に遭遇しました。
〇〇選手はヒール役で、いかにも声をかけづらい風貌です。
1人で食事をしているところでしたが、〇〇選手が大好きな私は「チャンスは今しかない!」と思い、勇気を振り絞り
「一緒に写真を撮ってもらえませんか?」
と声をかけました。

が、〇〇選手に一蹴されてしまい、傷を癒すのに時間がかかりそうです・・・。
[PR]
by kvnc | 2011-11-22 19:17 | 笹岡 | Comments(0)
お手紙
被災地では自身が被災して非常に大変な状況に置かれているなか、被災した人々を支えている社協職員が多くいます。

東松島市社協の杉山さんよりお手紙をいただきました。
ご紹介します。

★高知県の社会福祉協議会の皆さんへ★

 皆さんお元気ですか。東松島市社協の杉山です。
この度は東松島市災害VCへのご支援大変ありがとうございます。
 皆さんには、高知県帰省後も色々な面でご心配をおかけしている様で恐縮です。
引継ぎの際には、杉山親子の話題も引継ぎして頂いている様で、内容を知りたい所です(笑)
杉山親子は相変わらずな生活を送っています。個人的にもご心配をおかけしている様ですが、精一杯頑張っていますので心配しないでください。
 高知県の皆さんは本当に優しく、面白い方々ばかりで、交代の度に淋しい気持ちになります。ぜひまたお会いしたいです。そして、まだお会いしていない社協の方々にもぜひお会いしたいと思っています。いつか、杉山親子で高知の地に足を踏み入れ、皆さんに会いに行きたいと思っていますのでその際には宜しくお願いします。
 東松島市VCはまだまだ課題ばかりで、応援の方々にはご迷惑をおかけしていますが、今後も変わらぬご支援を宜しくお願い致します。
 高知県内社協でご支援いただいた方々にも宜しくお伝え下さい。
 また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。
                                  東松島市社協 杉山 
[PR]
by kvnc | 2011-06-06 10:07 | 笹岡 | Comments(0)
はじめまして 今年度4月よりセンター主事となりました 笹岡です。
皆さんこんにちは!この4月より高知県ボランティア・NPOセンターの主事となりました、笹岡です。
今回が初投稿でピッピネットのブログデビューとなりますので、慣れるまでは不備もあるかと思いますが、お許し下さい。

高知県社協は災害発生後より東松島市の災害ボラセンの支援を行っています。
5月1日~5月9日の期間で東松島市の災害ボランティアセンター(以下災害ボラセン)の運営支援に行ってきました。初めての災害ボラセンで心配な点もありましたが、センター所長の間さんと4日間、前センター長の半田さんと九日間一緒でしたので、運営支援の業務に集中して取り組むことができました。間さん、半田さんは現地の関係者・スタッフの信頼も厚く、運営全般にわたり活躍していました。

現地で見る被災地の状況はメディアで伝わってくるもの以上のものがありました。
沿岸部では海から2キロメートル以内はほぼ壊滅状態。巨大なタンカーも陸地に乗り上げていました。
被災地では、まだ泥だしや家財の運び出しが終わっていない家もあります。床下の泥だしが終わるまでは臭いが消えず、大変な思いをされています。また、仮設住宅の建設が進んでおり、東松島市では5月2日に112世帯が入居し、避難所で生活している方々も仮設に引越しできる日が近づいています。

災害ボランティアセンターにはたくさんのニーズが上がってきています。また、地域を回り、ニーズの聞き出しも行っています。

GWのすべての日にボランティア活動を行った人もいます。
ボランティア活動を行って下さった個人・NPOの方々に本当に感謝しています。
話を聞くと、「また来ます。」と言ってくれる方が多数でした。
ボランティアの力を必要としている被災地はたくさんあります。

これからも現地にボランティアの力を!

私も5月21日から再度、東松島市です。

*高知県社協・地域いきがい課 看板娘 小谷さんの活動写真
f0006215_13555386.jpg
[PR]
by kvnc | 2011-05-10 13:57 | 笹岡 | Comments(0)