<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
9月27日雑な感じで
前回が「ちょっと早いけどファンドレイジングセミナーの紹介」なんて言ってたのに、早くもそれも終了してしまいました。
9月は比較的落ち着いて仕事ができていたのですが、なぜかブログまで行きつかなかったです。
文章力はなくても、ブログでいろいろお知らせしたり、センターについても書きたいことはあったはずなのに。

本当にもう9月が終わってしまう。
あっという間です。

来月も講座もあるし、なんかお知らせすることはたくさんあるので、近いうちにきちんと出します。

外は雷が鳴っている。
帰るの嫌だなぁ…












[PR]
by kvnc | 2016-09-27 19:08 | いわもと | Comments(0)
「ファンドレイジングセミナー」行います

今日は外暑そうですね。
でも、どんどん秋めいた雰囲気になってきてます。

ちょっと早いお知らせですが、9/26(月)に「ファンドレイジングセミナー」を行います。
私たちは5年ほど前からファンドレイジングという言葉を使っていたのですが、ファンドレイジングとは「資金調達」のことを言います。
今回の副題が「地域課題の解決に必要な資金調達とは」となっています。
目的に合った資金調達の仕方がありますよね。

今回スポットが当たるのが「クラウドファンディング」。
またカタカナ語だ、と思われるでしょうが、インターネット上で資金を集める手段です。
最近では、新聞やテレビなどでも取り上げられるので知ってる方もいらっしゃるかと思います。
クラウドファンディングに関しては、NPO特有のものではなく、企業でも個人でも資金を集める手段として用いています。
iPS細胞で有名な山中教授もクラウドファンディングで寄付を募っていましたね。

今回はクラウドファンディングの中でも「FAAVO高知」の取り組みをご紹介いただきます。
簡単にはできませんが、クラウドファンディングの仕組みを知っておけば、事業によっては使えるかもしれません。

【日時】2016年9月26日(月)13:30~16:20
【場所】高知県立ふくし交流プラザ

詳しくは、こちら→
http://www.pippikochi.or.jp/2016/09/post-7.shtml


実は、この原稿2回目です。
一度書いたものがすべて消えてしまったので、書く気が失せてました。
こういうまじめな内容のものが消えてしまうとダメージが大きいのです…





[PR]
by kvnc | 2016-09-09 16:24 | いわもと | Comments(0)
過ぎ去った8月の福祉教育について

8月があっという間に過ぎ去りました。
その間に、たくさんのことがありました。
特に、センターでの主催事業としては福祉教育の研修会が2つ。
それぞれ、「福祉教育基礎研修」と「福祉教育・ボランティア学習実践講座」
本人さえ忘れかけていますが、福祉教育の事業が大好きでここに戻ってきた私にとって、とても大切な事業です。

今回の基礎研修は、社協職員向け、自分たちも体験してみて感じてみよう、というものでした。
何を体験したかというと「車いすラグビー」です。
みなさん、「車いすラグビー」見たことありますか?
私も今回初めて見ました。そして、体験しました。
とても疲れました。
諸事情あり、スポーツを1年以上してなかったのに、しょっぱながこの激しいスポーツでした。
当たり前ですが、車いすを扱うことだけでもしんどいのに、ボール投げたりとか、腕がパンパンになりできませんでした。
バスケ車に乗って昔は練習してたので、もう少しできたらよかったのに、なんだか悔しい気分にもなります。
車いすに乗れさえすれば、みんなで楽しめるスポーツです。
体験後には、「実際学校から依頼が来たら」ということで、グループワークをしました。
感想の中に、「他の社協の人たちの意見が聞けてよかった」というものが数多くありました。
最近は、意見交換の機会ってすくないのでしょうか…。
今日、リオパラリンピックの開会式でした(池さんも発見しました)。
車いすラグビーにも注目です。

「福祉教育・ボランティア学習実践講座」は、あらためて福祉を考えるきっかけにもなりました。
今回の話は、先生・社協職員向けだったのですが、子どもたちが聞いてもいい内容だったと思います。
文部科学省の矢幅先生にお越しいただき話を聞きました。
「学校で福祉教育を行う意義と実践~『ふくし』って、なーに?~」
人口減少などの日本の現状を知り、若い世代がどのような生活を送ったり感情を持ってたり、という話もありました。
以前から言われてるように、自己肯定感はやはり低いですね、私も間違いなく低い方だったし。
アクティブ・ラーニングや、北欧の福祉についてなど、多岐にわたる話でとても勉強になりました。
2つの事例発表に関しても、少し真似をしてみたいとか、一緒に何かやってみたいと思わせるものでした。
その後の意見交換会では、普段話すことのない、学校の先生と社協職員が話す機会となり、それぞれのことを知る機会になっていればいいなと思います。
もう少し参加人数がいたら、もっと盛り上がったと思います。

そのほかにも、新聞に掲載されていた「地域貢献学習」で古民家改修を行い、そのお披露目で1日カフェを開いた土佐町中学校の話を聞く機会があり、お休みに合わせカフェにも行ってました。
カフェも土佐町も嶺北も堪能してきました。
中学生、それぞれいろんな担当をしていて、道案内から司会、ドリンクを出したり、アンケート取ったり忙しそうでした。
改修をしていた映像も流していたのですが、みんな熱心に活動してました。
この日のカフェで学習が終了とのことですが、思い出に残る活動だっただろうと思います。
地元がより好きになるだろうなぁ…。


写真もアップしたい…、こんな文字だらけでは楽しくないだろうなぁ。
写真もたくさん撮ってるのに…。




[PR]
by kvnc | 2016-09-08 11:57 | いわもと | Comments(0)