人気ブログランキング |
東部NPOツアー
かなり前になりますが、安芸老人問題研究会 託老所 わすれな草さんに行ったときの報告をさせてください。訪問したのは、残暑厳しい9月でした。。。報告が遅れてしまったのには、のっぴきならない事情(?)というか、いろいろあったんです。実はこれが3回目の挑戦です。今度こそ!

入ってまず驚いたのは、雰囲気の良さ!
施設とは違う、誰かの家にみんなで集まっているような、アットホームな雰囲気でした。
私たちが訪問したのは朝の10時ごろで、もうすでに何人かのお年寄りが一つのテーブルを囲み、おしゃべりしたり、お茶を飲んだり、ゆっくりと過ごされていました。台所からはお昼ご飯の準備中で、炒めたり揚げたりする音やおいしそうな匂いがしていました。
f0006215_16265528.jpg
f0006215_16274270.jpg

わすれな草さんは、私が知っている高齢者の方が利用する施設とは、大きく違っていました。特に印象的だったことは…

★利用するお年寄りの定員が一日7人で、お世話をするボランティアさんも7人
★散歩や買い物の付添など、個人対個人でサービスが受けられる
★入浴介助サービスがない分、その他の世話に手間をかける
★野菜の皮むきや洗濯など、手仕事をする
★その日の予定はその日の朝に決める
★みんなで決まったことをやるといったような、行事ごとをしない
★強制ではなく、みんながしたいことをする

なんか、楽しそうですよね?家にいるような居心地はこういった態勢だからこそ感じられるのかなと思いました。施設に入るのはちょっと…と思っている人も、ここなら来てみたいと思うそうです。
f0006215_1630321.jpg
f0006215_1631817.jpg

わすれな草さんは、運営スタッフさんやボランティアの方の熱い思いがあってこそ、成り立っている場所だと思いました。運営していくにはたくさんのご苦労があると思います。私は、主にNPOの支援などを担当しているので、実際にNPOさんの活動を見ると、日々の業務の励みになります。少しでもお役に立てるよう、頑張ります!
by kvnc | 2011-11-01 17:20 | 小松
<< ふりかえり ひとりじゃない土曜日 >>