人気ブログランキング |
12月号がもうすぐ!
センターの出版物の一つにボランティア情報誌「てをつなごう」がある。

県下で熱心にボランティア活動されている方やボランティア学習に取り組んでいる学校を紹介するコーナーや、編集スタッフがボランティア活動を一日体験するコーナーなど、一人でも多くの人にボランティア活動の魅力や大切さを伝えたいと年6回発行している。

現在、発送作業が佳境の12月号は、通算で64号。これからもボランティアに関わる高知のタカラを情報発信することで、みんなが手と手をとりあってつながるお手伝いができればと願う。
とはいえ、いつものことながらこの発送は、ボリュームが物凄く、封筒に詰めても詰めても減らない。岩本さんがこの1週間、この作業に追われている。
こっちのほうもお手伝いをしてくれるボランティアを募集しないと。

半田さんとミツハシくんは、午後、民生・地域課とジョイントで開催した「社協活動推進のための基礎研修(ボランティア・コーディネーター入門編)」に講師等で参加。
夕方は、この両名に漆原さんが加わり、高知大上田ゼミのメンバーらと「地域づくり仕掛人市」の打ち合わせ。

ながのは、午前中、高知職業能力開発促進センターで開催された「人材育成高知地域協議会及び若年者雇用問題検討会議」に出席。
ニートやフリーターの増加、新規学校卒業者の離職率の高止まりなど若者の就労は厳しい状況にあるとのこと。なにやら難しい議論が展開されいて、少し違和感を感じるなか、本当の意味での「豊かさ」と何か、そのことが今まさに問われているとぼんやり思う。

この日はプラザを10時過ぎに施錠して帰路に。

駐車場には、若者グループを乗せたRV車が1台。
これからどこの雪山に出撃するのだろう・・・

                                                     ながの
by kvnc | 2005-12-20 23:16 | ながの
<< センター事務局会議 またまた >>