人気ブログランキング |
まだ早すぎるのでは‥
 当センターの職員は、今日も忙しく、アリさんのように「コツコツ」と仕事をしていたと思います。
 ちなみに私は、昨日からの腰痛のため、他の方々の行動を把握するにはいたらず、ただひたすら、2年前のあの悪夢(腰痛により、1ヶ月程度入院をした経験あり。)がよみがえりました。
 痛みも2年前を思い出す症状であり、午後から香美市へ行く事もあり、暫時、病院へ行きました。診察の結果、症状としては、2年前とは、違うものであったので、一安心でした。
 ここ最近では、腰痛の症状が出ていなかったので、少し自覚がゆんでいたこともあり、今回のことで、もう少し、いや、だいぶの減量を余儀なくされ、決意を新たにしました。(私の唯一の得意技は、「妥協する」ことです。)
 体調を崩すことは、まわりのスタッフにも迷惑をかけることでもあり、この夏をなんとか乗り切るしだいであります。
 それにしても、このセンターの建物は、暑く、部屋における人口密度の濃さもあるとは、思いますが、それにしても暑い。皆さん、暑さにはくれぐれもご注意を‥


 昨日、若い青年が突然の心臓発作により、天にのぼっていきました。その青年とは、当日の朝に、元気な声で電話があり、その日の夕方に会う約束をしていたのですが‥
 その青年は、「昨年、ボランティアフェスティバルに来た時にスタッフの方にたいへんやさしく接してもらい、ふくしをしている人は、なんて素敵な人なんだろう。ふくしの多く人と友だちになりたい」 といって当センターに来てくれました。
 これまでの私の人生において「若者」の死に直面することは無く、とまどいや空しさが込み上げてきました。彼の言葉を心に刻み込み、明日へ向けて前進をしていこうと思います。
 友だちとしてこころよりご冥福をお祈りいたします。 
by kvnc | 2006-07-12 20:05 | チョウノ
<< 一期一会 日常とはじめのだいいっぽといな... >>