スクラム
半田です。

今日、午後、永野所長と駐在の松本さんは、県庁職員対象のNPO研修の打合せのため県庁へ。チョウノさん、岩本さん、漆原さんは、それぞれ事業の準備。

下村さんと半田は、「人権教育セミナー(高齢者と人権講座)」に終日出席。
このセミナーは、2年前から高知県教育センターと共催で開催しているものです。
うちのセンターの事業である福祉教育・ボランティア学習をすすめていくためには、学校教員の皆さんに意義や具体的手法をしっかり考えていただくことが必要。だったら、教員研修を専門的に実施している教育センターとスクラムを組んでいる、というわけです。教育センターの事業であれば、先生方も参加しやすいですから…。

半田は、午後のワークショップの進行を担当。下村さんは、小学校先生グループに入り、人権授業づくりにチャレンジ。今回は、センターのネットワークを活用し、市町村社協、福祉系NPOの「福祉専門職」の6名の皆様に助言者として各グループに入ってもらいました。おかげで、福祉現場のナマの声を聞けたと、先生方にも概ね好評。将来を担う子どもの人権意識や福祉意識を高めていくためには、学校と社協、NPOのスクラムが必要。今日は、研修という場ですが、日常的にもこのスクラムを組むためのサポートも我々センターの役割だと思います。

研修終了後、下村さんと半田は、高知新聞パブリシティ(木曜日夕刊)にボラフェスを取り上げていただけるとのことで取材の対応。24日夕刊にどのように掲載されるか…とても楽しみです。
[PR]
by kvnc | 2006-08-15 21:05 | 半田
<< 折り込みチラシ完成 とどけるもの >>