人気ブログランキング |
ズシッと重たい新事業
今日、永野所長と半田は、朝から四万十市社協に向けて出発。
他のスタッフは、事務所でそれぞれ担当事業の事務をしていたようです。
松本さんは、本人のブログにもあったように、今週も月・火曜日は県庁のNPO課で勤務。

今年度より本格的に始める、「南海地震に備えた災害ボランティアセンター(災害VC)等体制づくり事業」。(いつも事業名が長くてすみません…)
今日訪問した社協のある四万十市、須崎市、そして先週訪問した安芸市の3市は、災害発生後に「自力」で災害VC立上げが可能になるよう、今年度から準備をすすめていただく地域です。

過去に発生した局地的な災害の場合は、経験やノウハウのあるスタッフが被災地入りして災害VCの立上げ・運営を直接的に支援をしていました。…が、広域で甚大な被害が予想される南海地震の場合、設置ヵ所数の多さに道路の寸断等も重なり、今までの手法は困難。よって、備えの段階での事前の支援が大切になってくるのです。

今日は、地元社協のパートナーとなりうる組織とのネットワークづくりと体制づくりを中心に、年間計画の協議。各社協の皆さん、今後も定期的に通いますので、よろしくお願いします!
この市町村での体制づくり支援を核に、センターを含む「後方支援部隊(県域支援組織)の体制づくり」や「マニュアル見直し」、「コーディネーター育成の講座」などを行う今回の取組み。
内容も責任もズシッと重たいセンター新事業がいよいよスタートです。
by kvnc | 2007-05-21 20:07 | 半田
<< ちょっぴりの成長。 クールダウン >>