人気ブログランキング |
コミュニティ・エンパワメント
f0006215_16164953.jpg午前中、ふくし交流プラザの入居団体は、恒例の年末一斉清掃。センターは、割り当てとなっている和室をスタッフ総出で。職員の休憩用のこの部屋は、目下、大部分がセンターの倉庫に。物品で畳がほとんど見えなくなっていたのが嘘のように、「キレイ」で「スッキリ」した状態に。これならしばらくは、気持ちよく就寝してもらえそう??

午後は、半田さんと高知大学朝倉キャンパスへ。人文学部棟に上田教授(高知県ボランティア・NPOセンター運営委員)を訪ねて、関わっていただいている四万十町でのNPOと市町村共同の「まちづくり推進研究会」の打ち合わせを。八木さん(高知県ボランティア・NPOセンター運営委員)をはじめ地元のメンバーの方々が軸となり、これから本格的に動き出すこの取組み。まずは関係者とじっくり、そして丁寧に話し合いを。

夕方、半田さんと岡本さんは、「ボランティアコーディネーター研究委員会」に出席のため、高知市たかじょう庁舎へ。“地域におけるボランティアコーディネーションとは?”、委員会ではこうした研究が熱心にすすめられており、会議終了後の忘年会もさぞかし盛り上がったのでは。

『ボランティア活動が盛んな地域では、NPO活動も盛んになる』
県下でも四万十町が人口比でNPO法人の数が多いのは、多分にその影響があるのでは。ソーシャル・キャピタルも含めてこれら相互の関係を解き明かしても面白い。
“そこのところどう思う?有元クン”

(注)写真と本文は関係ありません(相変わらずの事務所内)。
by kvnc | 2007-12-19 22:31 | ながの
<< NPO活動ロビー展のPR 忘年会週間 >>