永野所長へ
いよいよ永野所長の卒業まであとわずか。
でも、そんな雰囲気に浸れない時間が過ぎてしまうのは、やっぱりセンターだから?

岩本さん、北村さんは、いち早く自席と相談カウンターの移動と整理を。
岡本さんは、県庁への提出書類作成など。
永野所長、松本さん、半田はそれぞれに、協賛企業やNPOを訪問したり。
また、HP作成支援でのNPOと学生さんのマッチングのため、所長と岩本さんは高知大へ。

永野所長が、センター所長に就任して3年。
3年前、「新所長が県庁から?」と聞いた瞬間、少し、いや、かなり抵抗がありました。
当時、半田が少し、いや、かなり荒れていたことは、知る人ぞ知る事実だと思います。
でも、今ではそんな気持ちは全くありません。
むしろ、そんなことを思い、発言していたことを今となっては、恥ずかしく思うほどです。

現場の人たちとの対話を重視する姿勢。
「センターにとって何が大切か」的確に判断できるセンス。
そして、優れた事業遂行能力、事務能力は、「素晴らしい」の一言。
さらに、「目配り、気配り、心配り」の達人で、いつもスタッフが働きやすい雰囲気をつくってくれていました。

「永野所長のようにはなれない。」というのは自覚しています。
…が、永野所長の下で3年間学んだことを、一つでも二つでも取り入れ、よりよいセンターづくりをしていくことが、自分ができる唯一の恩返し。

これからは立場は変わりますが、どうぞセンターを見守ってください。
そして、ときには良き相談相手に、良きアドバイザーになってください。
3年間本当にありがとうございました!
[PR]
by kvnc | 2008-03-28 21:25 | 半田
<< 褒めて伸ばす 来年度へ向けて、そして所長さまへ >>