2006年 08月 27日 ( 1 )
何かがはじまる音がした?
下村です。

おつかれさまでした。!
長かったボラフェスの日々もとうとうゴールをむかえました。
当日になってみると、あれよあれよという間に時間がすぎ、気がつくとフィナーレで舞台の上に立っていました。
実行委員の皆さんをはじめ、当日スタッフ・ボランティア・大活躍の10才児ボランティアなどなど・・・たくさんの方々に支えられ、約1300人もの来場者に恵まれたボラフェス10周年目のこの日。
みなさん、一歩前へふみだせたでしょうか。
わたしの中でも、何かがはじまる音が・・・・・・。
いろんなことを感じて、思って、考えて、正直大変だなと思った時期もありましたが、なんだかんだで楽しかったです。
成長できてるといいんですが。

では、事務局のみなさま、ひとことずつどうぞ・・・。(下村のUPが遅く、お待たせしました~)


(半田)
ボラフェスに関わってくれた多くの人々に感謝です。
各企画には、一人ひとりの「思い」が詰まってるし、多くの人々が出会い、つながっていくボラフェスは、やっぱり最高! 当日は、来場者の皆さまも我々スタッフも「ボランティア活動の魅力を楽しく実感する」ことができたのはないでしょうか。
ボラフェス10年目を迎えた半田も、また一歩確実に成長したような気がします。
皆さん、どうもありがとうございました。
いろいろ、気配り、目配りが足らず、たくさん迷惑をかけ、すみませんでした。
ここは、ボラフェスの成功に免じて、どうぞお許しください。

(チッちきちー)
当日の参加者に感謝はもちろんのこと、実行委員としてこのボラフェスに当初から関わっていただきました皆様、本当に御疲れさまでした。
下村さんも書いていますが、あなたにとって、わたしにとって、「ふみだそう!なにかが始まる音がする。」は、どんな音がしましたか。
人それぞれで感じることもさまざまではあると思いますが、「ボランティアってなんか楽しい!」と感じていただければ、このイベントのねらいは達成したことになるのではないでしょうか。
2006年の夏もそろそろ終わります。「来年もまた‥‥?」

(いわもと)
本当にありがとうございました。みなさんに感謝してます。
いたらないわたしのまわりのみなさん、ごめんなさい。
今年ほどいろんなことがあった年もなかった気がします。
しかし、じむきょくみんな「ひとこと」の意味がわかってない・・・

(ながの)
10周年目のボラフェス、みなさん一人ひとりにとってどのようなものだったでしょうか?
時代が変わろうとも、年齢を重ねようとも、大切にしたいもの、信じたいものをボラフェスを通じていまさらながら学ばせてもらったような気がします。
実行委員をはじめボラフェスを支えてくれた本当に多くの皆さんには、事務局のみんなもコメントしているとおり、こころから感謝です。ありがとうございました。
ピッピちゃんも誕生したみんなのボラフェス、いつまでも多くのひとから愛されますように・・・
[PR]
by kvnc | 2006-08-27 18:18 | 下村