人気ブログランキング |
<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ありがとう
NPOフォーラムまであと2日。いわもとさんを真似て過去のブログを見てみると、昨年もフォーラム2日前の記事担当はながのが。参加者の人数は80名程度だったらしく、かなりあせっている雰囲気がありありと。今年は何とか3桁を超えてくれたものの、あともう一息。一人でも多くの方が来場してくれることをこころから願う。

今日は、半田さんが福祉教育・ボランティア学習に関する打ち合わせのために一時出かけた以外、全員がセンターで過ごす。チョウノさんがフォーラム事務局のメインで、サブが半田さん。その2人を助け、準備を進めているいわもとさん。そして、漆原さんは第2分科会のコーディネーター、松本さんは第1分科会担当の実行委員。このようにセンターの関係者全員(いないのは誰?)が何らか関わりを持つフォーラム。この後、めいめいからブログを通してコメントが聞けるやもしれないのでお楽しみに。

昨年のフォーラムのほんの少し前にスタートしたセンターのブログ。もとを辿ると、自分自身、「いいんじゃない(がんばって♪)」と当事者意識ゼロであった感が。それがいつの間にやら?ブロガーの一人に。思えば、ブログがここまで続けてこられたのは、日ごろ見てくださっている方からの有形無形の励まし、さらにはスタッフみんなの熱意や支えがあったからこそ。これからも等身大のセンターを感じてもらえるチャンネルとして、じっくり育んでいければと思う。

どこからか、「それはひとえにあなた次第」と言うツッコミが。
いやはや、ご尤も。

                                               ながの
by kvnc | 2006-11-30 20:44 | ながの
緊張感と一体感
半田です。

今日のスタッフの動きは…
午前、「福祉医療機構地方分助成金推薦審査会」に永野所長とチョウノさんが出席。
また、富山県庁からボランティア・NPO担当課の方が調査でお越しになり、半田が対応。その間、岩本さんは、こうちNPOフォーラムの準備を着々と…。

午後からは、岩本マネージャー(部活のイメージで…)が作成したNPOフォーラムの準備物一覧を確認しながら、それぞれ最終準備へ。

半田が神奈川に行っていた間に、随分と準備がすすんでいるようです。
半田にとって、センターとして初めて開催した2000年から主担当として深く関わっていた思い入れのあるフォーラム。
NPO高知市民会議の皆さんと分担して事務局を行っていることや、岩本さんも長年関わっていることもあり、今では、半田もあまり出番が少なくなっているようです。

…とはいえ、準備はあと2日間。明日からセンターは、ピリピリとした「緊張感」と団結する「一体感」が交差する独特の雰囲気に…。あと、もう少し参加申込書がFAXで流れてくれば、「安堵感」も加わるのですが…。
by kvnc | 2006-11-29 21:48 | 半田
まだまだ
今日は半田さんは神奈川。
先週末力を入れて資料を作っていたのを思い出す。
受講者の人たちが満足してくれればいいなぁと思う。

チョウノさんは明日の会の準備で、とても大変そう。
所長は、フォーラムの呼びかけを。

私もフォーラムの準備。
進んでいるはずだけど、実感がわかない。

今からもう少しフォーラムの準備をしに、もう一つの場所に出勤を。
by kvnc | 2006-11-28 19:20 | いわもと
ちょっと、そこのあんた!  フォーラムにきとうせ。こんかよ。
最近、怠け癖がついのか、その日にあったことをその日に書くことができない回数が増えてきた。自己反省である。

今日は、永野所長、岩本さん、漆原さんは、センターでの事務処理。半田チーフと私は、福祉教育の打合せで室戸市へ朝から出かけました。室戸市の佐喜浜は、半田チーフのお郷でもあり、期待を膨らませながらのドライブでした。
今日が、地域の小中学校と民生委員との初顔合わせであり、地域と学校の活動についてお話しをお聞きしました。年間を通じて、さまざまな取り組みが行われており、地域とも連携しての行事もあるようにお聞きしました。これからの3年間をどのように展開していくかが、楽しみです。

その後、高知向いて車を走らせ、途中、高知龍馬空港で半田チーフを振り落とし(?)、いや、ていねいに見送りをしました。(明日、神奈川県で講師をするために最終便で一路、東京へ‥‥ご苦労さまです。)

市内へ入ると、夕方のラッシュに巻き込まれ、やっとのおもいで高知市市民活動サポートセンターへ到着。 「こうちNPOフォーラム2006」最終の実行委員会へたどりつきました。 (フ~っ!) 
会議はすでに始まっていましたが、これまでにない、異様な緊張感が張り詰めた空気のなか、この寒い時期に汗を拭きながら入って行きました。 シーン! (チョウノの胸の内)「なにかあったんだろうか、まさか、大きなミスでも‥‥ヤバイ!」と、思っている私を次に矢のような声が‥ 「ちょうど、よかった。説明をお願いします。」 ⇒ (チョウノの胸の内)「えっ、なにを、どこから、どう説明を‥」 あせりながらもなんとかかんとか最後までいきました。       
最後まで会議になじめなく、とりあえずは、1日目のフィリップディスカッションで参加者にアメをくばることができたので良しとしよう。

あ~~っ、つかれたあ!    おしまい
by kvnc | 2006-11-27 21:44 | チョウノ
現在とつながる過去
今日は午前中須崎市でボランティア講座があるため、チョウノさんと半田さんが出かける。
半田さんが帰ってきてから言った一言が印象的。
「昔のいわもとさんみたいな人がおった」
頭が・・・?となっていたが、よく聞いてみると、この講座を受けてはじめてボランティアを始めようとする人がいたらしい。
この講座がいい出会いに、すばらしいはじめの一歩で、いいきっかけになりますよう。
(これだけ読んでもなぜ私みたいかわかりませんね・・・)

半田さんが昨日書いてた通り、このブログも1周年。
昨年のこの時期の土曜日も出勤してたはず、と思い、過去のブログを見るとやっぱり!
今日もプラザで大きな催し物があり、昨年もそのことをネタに書いたのを覚えていたので。
1年たつと過去を振り返ることもできてちょっぴりおもしろい。
個性豊かなメンバーの書いてるものなので、それぞれを楽しんでいただけたら、と思う。

ちなみに今日のプラザでのイベントのおかげで、市町村社協のみなさんが事務所を訪問してくれた。
なかには、センターでのんびりしすぎて放送で呼び出された人も・・・
またのみなさまのお越しをお待ちしております。
by kvnc | 2006-11-25 17:25 | いわもと
事務局ブログ1周年!
半田です。

今日、チョウノさん、松本さんは、東京で「市民セクター全国会議」2日目。
永野所長、漆原さんはオフ。よって、今日のお留守番は、岩本さんと半田。岩本さんは、NPOフォーラムの準備など、半田は、フォーラムのお誘いの電話を少々と、講義の資料づくり。

資料の内容は、「神奈川県内のNPO支援センタースタッフ研修」で半田に与えられたテーマ「組織内のコミュニケーションと役割分担」に関するもの。自分自身にとっても課題が多いテーマであるし、このテーマで話をしたことなかったので、プレッシャーいっぱい…。けど、結果的に、資料をつくることで、自分自身や組織を振り返る良い機会になりました。

事務局スタッフ間や各委員の皆さん達とのそれぞれのコミュニケーション。事業の質を高めたり、モチベーションを高めるためには、あらゆる方法や工夫によるコミュニケーション価値観や考え方、情報などを共有することが必要。神奈川では、「できていること」「できていないこと」をさらけ出しながら、参加者の皆さんと一緒に考えてきたいと思います。

実は、今日で事務局ブログを始めてから1周年。軽いノリ(?)で始めたブログ。岩本さんの設計、分担のもと、スタッフ交替制で、センター休業日以外ほぼ毎日、継続してきました。(本当によく続きました!)本来、外に向けての情報発信ツールなのですが、事務局スタッフ間の考え方や情報共有のための大切なコミュニケーションのツールにも…
by kvnc | 2006-11-24 20:10 | 半田
ボランティア体験講座最終回
今日は「ハーモニーこうち」による第8回体験講座が高知医療センターとドナルド・マクドナルドハウスで行われました。去年もこの講座を担当しましたが、土曜日休診とはいっても、県下で1,2を争う大病院に一歩足を踏み入れる瞬間はやっぱり緊張しました。

参加者20名。女性が大半です。1名センターからも男性の参加者が。せっかくですから参加者の皆さんに一言ご挨拶お願いしました。ありがとうございました。まごころ窓口でボランティアの取りまとめをしておられる岡林さんとボランティアコーディネーターの田中さんがパワーポイントを使用しながら、病院の概略とボランティアの心得など話してくださいました。特に知り得た情報をけっして外へもらさない、など当たり前のことながら病院ボランティアらしい注意に聞き入る参加者たちの表情は真剣です。病院のそこここを飾る花たちもボランティアたちが花壇で育てたものだとか・・・仕組みがあちこちで整ってきているのを感じました。その後院内ツァーを2グループに分かれて・・・患者さんと職員の動線がしっかり別れている心配りにも感心、最上階のレストランの眺望はなかなかのものです。病院のエレベーターに「閉」がないのは安全上に加えコストダウンのためだとか・・・ついつい急いでボタンを押してしまう私は少し反省。

次にお隣のドナルド・マクドナルドハウスへ。ここでもビデオ視聴後、ハウスツアー。そして最後にハウスのボランティアを3班に分かれて体験しました。お掃除班でトイレ掃除に真っ先に手を挙げられた方に釣られて私もその方についていきました。指導してくださるのはハウスのマネージャーの近藤さん、先ほどの田中さんに加え、市民会議の又川さん。特に又川さんのきびきびと自信に満ちた動きにとても感心しました。参加者たちもとても熱心に作業しながら、こんないい施設がもっともっと活用されればいいのにと思ったことでしょう。先日の新聞にも載っていましたが、ハウスの稼働率の悪さが知名度不足もあり問題になっています。高知大の医学部との連携も模索中。
ボランティアの自発的な意思に任せていることが強調され参加者たちも安心の様子。
結局その場でボランティア登録された方が4名もいらっしゃってハーモニーさんもびっくり。いつでも、だれでものゆるい規則と、病院もハウスもボランティアの内容が分かりやすくまとめられているチラシもその方たちの背中を押したのでしょう。

ということで7月から始まった体験講座も終了。前半参加者数ではやきもきされましたが何とか後半持ち直したようです。活動している人々と触れあい、活動の場所を訪れて実体験というこのプログラムも一昨年から、勤労者マルチライフ支援事業の一環としてずっと続いているものです。参加者たちの「目からうろこ」の出会いがたくさんあったことを願っています。
そしてまたこれからも何らかな形でこの事業が継続しますように・・・
by kvnc | 2006-11-23 15:27 | 漆原
「忙」なのか、「閑」なのか
チョウノさんは、今日から3日間、「民間NPO支援センター・将来を展望する会(通称:CEO会議)」と「市民セクター全国会議2006」に出席するために東京へ。半田さんと松本さんは、黒潮町から四万十市にかけて、協働事例の取材に。漆原さんはオフ。

いわもとさんと2人で居残り組を務めたセンターは、なんとなく、あわただしく過ぎた1日。今日最大の任務は、こうちNPOフォーラム参加者の電話勧誘。参加者の確保は、昨年もかなりあせったことを鮮明に記憶しており、その後、軽いトラウマにも。NPOの方はもちろんだが、パートナーとなる行政や地縁組織の方も一人でも多く来てほしい願いが。

でもこんな日に限って、対応に時間を要する不意の案件が多いもの。いわもとさんと順次捌いていくが、それでも当初予定していた仕事のノルマになかなか辿り着けない。時計とにらめっこしながら、電話、FAX、メールを駆使していくつかのNPOの方には何とか声かけを。

夕方、ボランティア・NPO通信「てをつなごう2月号」の編集会議。村澤さんといわもとさんの3人でこの時間はさすがにまったりと。村澤さんはこのところ随分と関わってくれており、この日も大きく?頼もしく見える。

プライベートでは明日から4連休。でも特別な予定が入っているわけでもなし。
それなりにふらふら、うろうろと⇒

                                              ながの  
by kvnc | 2006-11-22 22:30 | ながの
年に1回は…
半田です。

今日のスタッフの動きは…
午前、県庁NPO課の皆さんとの「市町村職員研修会」打合せに、永野所長と半田が出席。
続いて「県社協民生・地域課」の皆さんとの打合せに、漆原さんを除く全スタッフが出席。
午後、全員によるスタッフミーティング(最近、半田だけこう呼んでいます…通称「チーム会」)。テーマは、前回に引き続き「ステイクホルダーの立場から見たセンター」。
夕方は、「県社協戦略会議(班会議)」に半田が出席。

今日も「会議の梯子(はしご)」でしたが、その合間を縫って、永野所長と半田は、各NPOの皆さんに「こうちNPOフォーラム2006」へのお誘いの電話。

NPO法施行日12月1日前後の週末のいずれかを開催日としているNPOフォーラムは、年1回、NPOに関わる方々が、地域、立場の違いを越えて一堂に集まる場です。
…のはずなのですが、実は、毎年参加者集めに苦労しているのが現状。NPOも年々増加し、関わる方々は増えているのに、参加者は増えていません。

NPOに関わる皆さんは本当に忙しい方ばかり。しかし、年に1回は、NPOに関わる多くの人が顔を合わせて、役割を確認したり、今後の活動に向けて、語り合い、多くの人と交流する機会は必要。プログラムも自信を持って提供できるものです!

開催まであと10日。実行委員・事務局による宣伝活動が続きます。名簿作成係の岩本さんが困ってしまう位の申込みが来ることを、ただただ祈るばかりです。
by kvnc | 2006-11-21 21:01 | 半田
週の初めは、しんどいなあ~。 『サザエさん症候群』襲来!
本当は、昨日(11/20)に書き込みをする予定でしたが、ホームページであるピッピの調子が悪く、本日、思い出しながら書いています。

今日は、朝からなぜか頭も体もたいへん重く(日頃から、特に体は他の人より重いんですが‥)仕事もあまりはかどらない一日でした。

原因は、日曜日の「こうちボランティア・NPO支援基金の公開プレゼンテーション」の疲れ?、いや、年のせいでは、‥

改めて、公開プレゼンテーションに応募していただき、当日の発表まで行っていだきました団体のみなさま、本当にお疲れ様でした。当日の会場の独特の緊張感や進行の難しさ、(いかに、発表者を公平に対応できるか)を肌で感じることができました。
それにしても、審査というものは、たいへんです。審査される側、審査する側、両方ともエネルギーが必要ですし、いずれかの結果について判断しなければいけない現実があるので、それぞれの役割に対し、感謝いたします。

今回、決定になりました団体、おしくも決定とはならなかった団体、みなさまに感謝申し上げます。

PS:当日の最後に委員長の講評にもありました、今回のテーマ「市民参画」において、およばなかった団体もあきらめることなく、別のテーマにおいても、また、チャレンジをしてください。
by kvnc | 2006-11-20 22:06 | チョウノ