人気ブログランキング |
<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
祝 1,000点
今日は、企業・NPO資源循環システムの物品受渡しに、所長、松本さんと共に、提供先のイオンモールへ朝から出発!!。f0006215_1853463.jpg

受渡しの団体さんが19団体と多く、バタバタしていたので、あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、皆さんに喜んでいただけました。
イオンモールの担当の方も、資源が新たに使用される場所があり良かったです。とお互いが喜べるこのシステム。
今回の受渡しで、2003年3月のシステム誕生から受渡し物品が1,000点突破~!!
これからも、沢山喜んでもらえるように、頑張ります(o^_^o)v
お手伝いいただきました松本さん、NPO高知市民会議の西村さん、お疲れ様でした。
皆さん、ご協力ありがとうございました。

半田さんは2/5の幹事会の資料づくり、岡本さんは予算執行状況の調査など。
岩本さんは、29日に行われた「災害ボランティアセンター立上げのための実践講座」のアンケート集計と今晩の「NPO基礎講座」の準備を行っていました。
by kvnc | 2008-01-31 22:45 | 北村
もうすぐ
1月も終わり。

相変わらず、みんな忙しそう。
所長は、外の会議に。
半田さんは、珍しく終日事務所にいるものの、事務仕事が山のように。
okamotoさんは、数字と格闘中。半田さんのところに通っている。
北村さんは、明日の資源循環の準備でおおわらわ。
マツモトさんも外回りなど。

どうも、自分だけ仕事をしていない気がする。
正確に言うと、仕事は少しはしてるけど、こころが入ってない。
私の仕事へのモチベーションは何?
とても不安になる。

今の気持ちをそのままぶつけてしまうのはどうなんだろう。

春が近づいている。
by kvnc | 2008-01-30 17:47 | いわもと
気合を入れて
 岩本さんを除くセンター職員は、終日、「災害ボランティアセンター立上げのための実践講座」(ふくし交流プラザ)に参加。
 私は、午後からの「災害ボランティアセンター運営」の模擬訓練に「ボランティア役」として参加しました。

 模擬訓練ではボランティア受付、被災者のニーズ受付、ボランティアと被災者ニーズのマッティング、事務局などの「災害ボランティアセンターのスタッフ役」、「被災者役」、「ボランティア役」にそれぞれわかれ、被災時のセンター運営を実践的に体験するものでした。

 災害時には災害ボランティアの活動を支える災害ボランティアセンターが大きな役割を担うことはある程度理解していたつもりでしたが、実際参加してみて、被災の程度が大きければ大きいほど現場の混乱は大きく、南海地震で予想される規模の災害状況の中でセンターを立ち上げ、運営していくことは、日ごろからの実践的な準備が絶対に必要であることを痛感しました。

 2月6日に参加を予定している安田町での同講座では、気合を入れて頑張らなければ…….。
by kvnc | 2008-01-29 18:43 | マツモト
週末は、「高知市まちづくりファンド」の中間発表会とハード整備事業の第2次公開審査会。
各組織のまちづくりへの奮闘ぶりに、「市民が動くことで、社会は着実に動く。」をあらためて実感。ハードな日程でしたが、市民の想いを存分に聞ける時間を過ごしてきました。

今日、永野所長と松本さんは、朝から県庁へ出発し、昨年12月に設置された県庁各部局の「協働サポーター」の皆さんとの意見交換。
県庁内を歩き、お一人一人とお会いし、センターのPRや今後の関わり方などについて、ざっくばらんに語ってきたようです。「ひざを交えて丁寧に。」そして「顔の見える関係を。」大切なことです。

岡本さんと半田は、県社協幹部と「市町村社協活動指針(仮称)」について話し合い。
岩本さんは、明日の「災害ボランティアセンター立上げのための実践講座」の準備を着々と。
北村さんは、講座の準備プラス、「企業・NPO資源循環システム」によるイオン高知さんからNPO20団体への物品受渡しの調整・準備もあるため、とても忙しそう。
いつも動きの早い北村さんが、今日はさらに高速で動きまわっていたような…。
f0006215_2023385.jpg
夕方は、所長も合流し、みんなで明日の実践講座の会場設営を。
明日は、災害ボラセン模擬訓練シリーズ第2弾。

「災害ボランティア」「被災地支援」について、体を使い実感してもらう「動」の講座です。
by kvnc | 2008-01-28 20:24 | 半田
地域を感じる場所
f0006215_2148333.jpg今日は、日曜日。
だけど、半田さんも「まちづくりファンド」の審査会に出てるはず。
そしてもう1班、所長と私は高知市をかなり眺められる場所、筆山に。
筆山を3年かけてみんなが行きやすい場所に整備しているらしいけど、その一環で植樹を行っている。

f0006215_21495642.jpg潮江中学校を中心に、潮江小学校、潮江南小学校、潮江東小学校、地域の方の協力の下、8月のUPP(潮江プル缶プロジェクト)で集めたお金で、苗を寄贈し、植樹をすることに。
残念ながら、小学生たちは諸事情で来られなかったものの、50名近くの中学生が参加し、オンツツジを植えていく。
正直、これだけの中学生が参加してくれたことに驚き。
そして、とても大事そうに、樹木医の方のおっしゃってたことを守って植えていた姿に感動。
f0006215_224571.jpgf0006215_2251116.jpg









きっと、中学校を卒業しても、大人になって地元を離れても、「そういえば筆山に何か植えたなぁ」という記憶は残るはず。
体験や経験は、ふとしたときによみがえる何かがある。
地元で何かしら思い出を残すことに貢献するイベントだったと思う。

所長と私は、初筆山にも感動して帰ってきました。
by kvnc | 2008-01-27 22:12 | いわもと
はじめての・・・
今日は、初めての1人土曜日。
今まで何回か土曜日出勤はあったけど、他にも誰かいてくれたので、今頃初めてなんて・・・(゜o゜)
電話も、ちらほらで静かな1日でした。
午後には、すてきなお客さまが来られて、楽しいひと時を・・・ありがとうございましたv(o^_^o)v
火曜日に行う、災害ボランティアセンター立上げのための実践講座(中央会場)の準備や、資源循環システムの受け渡し準備で、あっという間に時間が経ってしまいました。
今年の目標「一人でお留守番」の修行中です(^_-)-☆
by kvnc | 2008-01-26 17:38 | 北村
あちこちへの旅
本当なら、今日はマツモトさんブログ当番の日。
残念なことに、病気でおやすみ。
あまり無理をせず、ゆっくりやすんでください。

今日は他にもおやすみの人がおりました。

午前中、北村さんたちが切手の整理ボランティアの方のところにダンボール3箱持っていく。
毎週来ていただいて、みなさんから集めた切手を整理してくれている。
たいへんありがたいことです。

半田さんは、午後からいの町社会福祉協議会のボランティア入門講座にでかける。
かなりピッピちゃんタオルハンカチを買っていただいたようで、ありがとうございました。

さて、私たちは土佐町の福祉教育の懇談会に。
地域と学校のつながりの大切さや、地域における学校の存在の大きさを、あらためて知る。
懇談会のあとも、土佐町のいろいろな団体を巡る。
私はふだん外に出歩かないので、とても緊張しながら、楽しくまわってきた。

最後の締めが、今日まで県庁で行われていたNPOロビー展。
たくさんのピッピちゃんを見かけました。

とても寒い1日でした。
by kvnc | 2008-01-25 17:52 | いわもと
2人を結びつけたチカラ
午前中、半田さん、岡本さんと「市町村社協元気応援プロジェクト会議」に。いつの間にか、このプロジェクト会議も通算12回目。“社協って必要?”“社協らしさって何?”といった社協の原点を探りながら、その役割や専門性、事業の展開方法などを「活動指針」としてまとめる作業をすすめており、いよいよ最後の詰めの段階に。

その時間、いわもとさんは、日高村社協から依頼を受け、日下小学校の高齢者擬似体験学習のお手伝いを。この日、小学校は人権参観日。5時限授業終了後は「高齢者と人権」をテーマに講演会があり、その講師はなんと半田さん。半田さんの場合は、県の教育委員会経由で小学校から直接依頼を受けたもので、センターの2人が偶然揃う不思議な事に。それにしても学生さんにきちんと伝わる授業や講演って難しそう。半田さんといわもとさんが持つスキルや経験は、福祉教育・ボランティア学習をすすめていくうえで、そして社協マンとしても必要な専門性というべきもの。

午後、岡本さんと「企業市民セミナー」の打ち合わせに四国銀行へ。主催3者である「企業・NPOパートナーシップ委員会」の3名の委員さんと、NPO高知市民会議のスタッフとでセミナー当日のすすめ方やプレゼン内容などを検討。

その頃、北村さんは前日あった主催事業の事後処理や資源循環システムの引渡し準備などかなりのボリュームの作業を。マツモトさんも、「NPO活動ロビー展」の事後処理の合間に、NPO法人の設立をすすめている団体の方と打ち合わせ。

しばらくは、何やかやと毎日外出する日々が続く。
“調子に乗ってイケイケ状態になっていると、また同じ轍を踏む?ことに”
by kvnc | 2008-01-24 22:33 | ながの
災害ボラ訓練スタート
災害ボランティアセンター立上げのための実践講座」開催のため、早朝から永野所長、北村さん、半田は黒潮町へ出発。民生・地域課のチョウノ課長、施設・人材課の山中くんも一緒に。
事務所組の岩本さんは、「東部地域NPO交流会in赤岡」の開催案内、同じく岡本さんは、予算執行状況のチェックなどの作業を。松本さんは、県庁の「協働サポーター」に関する事務など。

f0006215_20275348.jpg今年度、3会場で開催する「―実践講座」の皮切りが今日の西部会場。西部NPOネットさんとの共催で、50名超の参加者。
午前中は、半田の講演に続き、訓練前のデモンストレーション。
被災者役の八木さん(西部NPOネット)と、ニーズ受付係役の永野所長の掛け合い(?)は、なかなかのもの。八木さんの演じる力は、確実にアップしているようです…。

f0006215_2029045.jpg午後は、「模擬訓練」。南海地震発生後に「黒潮町災害ボランティアセンター」が立ち上がった想定をもとに参加者が、ボランティア役、被災者役、スタッフ役に分かれての訓練。
ボランティア要請の電話も鳴り響き、緊張感も増します。
役割交替し、2回に渡るハードな訓練でしたが、皆さん熱心に。閉会頃には、くたびれた様子の方もチラホラ。お疲れ様でした!

中央会場(1/29)、東部会場(2/6)と続くこの実践講座。
実際の被災地経験には及ばないまでも、災害ボランティアのイメージを確実に掴める訓練を体験しておくことが第1歩。参加者は引き続き募集中です!!
by kvnc | 2008-01-23 21:40 | 半田
準備
今日は、来客がチラホラあったけど、予定はチーム会のみ。
なかなか全員が揃わないセンターだけど、2週間に1度、このときだけは日程調整プラスいろいろな議題を持ち寄り、話し合う。
これができているので、センター内の情報共有はできているということを再確認。
人はいないことが多いけれど、仲が悪いわけでもなく(と思っている)、それぞれの仕事ができているのだろうなぁと思う。

ということで、なぜこれほど予定がないかというと、明日の災害ボランティアセンター立上げのための実践講座【西部会場】の準備があるから。
今年は3会場で行う、その最初の講座。
いろいろな講座のなかでも、とても準備物の多い講座だと思う。
なぜか、県社協職員も楽しみにしている人が多い。

朝早い出発なので、みなさん気をつけていってらっしゃい。
by kvnc | 2008-01-22 18:10 | いわもと