人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
メリとハリを目標に。
 本日午前中は、1年後の一大プロジェクトに向けての打合せがあり、センター運営委員会委員長の木下さんと副委員長の上田先生がプラザに来てくださいました。半田さん・宮川さんと一緒に会議室にこもり、骨子案の作成に励みました。壮大な企画と課題…だけれども、なんとか、しっかりよいものをつくりたいなと思います。そして、センターのたからもの“ピッピちゃん”のことも、忘れてはいけないと思います。

 午後からは人が一人ずつ消えていきました。いわもとさんは今晩から柏島へと旅立つため、時間休をとって早々に帰途へ。夕方から宮川さんは『いきいきライフフェスティバル』(11月1日・2日プラザにて開催)の準備のお手伝いのために、館内のどこかへ。半田さんは津野町社協へ災害ボランティア活動の講演会に、ピッピちゃんタオルハンカチを携えて出陣。さらに終業後、たけださんは高知市市民活動サポートセンターでの助成金の講座へと。その他の方はお家の方へ…。

 無事迎えられるだろうか…と、心配していた10月も今日で終わり。さかもとさんが研修を終えて学校に戻って、はや一月。まだ一月?明日からは“宮川月間”、そして末にはNPOフォーラムです。メリとハリを意識して過ごしたいと思います。
by kvnc | 2008-10-31 23:05 | okamoto
体調の悪さと元気の源
とっても風邪。
みんなより休みが多いはずなのに、疲れがたまっててどうも免疫力が落ちまくり。

半田さんは…。
宮川さんは、明日締切の助成金のお仕事。
okamotoさんは、ボラフェスと同時開催した24時間テレビの反省会に出席。
北村さんは、書類の整理。
たけださんは、ピッピネットに関する仕事。
私は書類と格闘。

f0006215_17493088.jpg昨日まで、全国のいろいろな社協の人たちが来高。
とても楽しいひとときを過ごす。
そして、とても勉強になった。
大きな車の運転だけが気になったけれど、普段会えない人たちとの交流が嬉しく思えた。
また、みなさんが高知に来ていただけるのをお待ちしております。
by kvnc | 2008-10-30 18:30 | いわもと
企業市民セミナー
今日は、全員出勤。

半田さんは午前中、岩本さんは終日、昨日に引き続き東京から来られた「福祉教育実践研究会」のヒアリング(土佐町、南国市)に同行。

午後からは、企業市民セミナーに半田さん、宮川さん、北村が出席。
今回は「企業の社会貢献ニーズとシーズを探る」をテーマに行われました。
まず、2つの企業に事例紹介をしていただき、4つのグループに分かれてワークショップを行いました。
ワークショップでは、各企業の業務内容を紹介し、その中から社会貢献に使えそうなモノやコトをグループ内で見つけることを主に行いました。(他の方からの意見などが新しい発見となるので)
時間が少なかったのが残念でしたが、何か発見したり情報交流ができたのではないかと思います。
ご参加いただいた皆さんありがとうございました001.gif

お手伝いいただきました皆さま、お疲れさまでした。ありがとうございました001.gif
そして、NPO高知市民会議のお二人様には、何もかも準備していただいて、
本当に助かりました。ありがとうございました040.gif
忘れ物には気をつけなければ・・・008.gif
by kvnc | 2008-10-29 21:39 | 北村
福祉教育とは
今日は岩本さんはお休み。武田さんがA勤務でした。
半田さんと岡本さんと私は昼から全社協の「福祉教育実践研究会」の高知訪問に同行しました。
今日明日の2日間の日程で、今日は日高村社協さんとの意見交換をしました。
8月の「福祉教育・ボランティア学習プログラムづくり研修会」でお世話になった日本福祉大学の原田先生もおいでていました。メンバーは全国津々浦々からの社協職員で、福祉教育にかける思いやどういうふうにとらえているのかが伺い知れて、とても有意義なものでした。

夜は皆で一杯やりました。みなさん土佐人ばりにお酒を飲んでいました。
話が尽きないままあっという間に1次会はお開きになりました。
きっとみなさん2次会に行ったんでしょうね。
高知にまたおいでください。
by kvnc | 2008-10-28 23:22 | 宮川
10月27日業務内容&県内NPOホームページ拝見記その13
 本日はチーム会。様々な事業が進行しています。また、NTTドコモ様よりのご寄付の贈呈式がありました。厳しい経済環境の中でのご寄付が生きるよう、心がけていきたいと思います。午後には災害検討委員会が開催されました。

 さて、県内NPOホームページ拝見記その13は、
高知SGG善意通訳クラブ
さんです。情報がわかりやすくまとめられており、かつ最新のお知らせも、ブログなども活用し、ひんぱんに更新されています。

 実はこのページは、現在3団体さんに実施中の『NPOホームページ支援事業』の一つで、ごく最近リニューアルされました。

 この事業は、高知大学総合情報センターの佐々木先生をオーガナイザーに、高知大学の学生さんがNPOのホームページの再構築や更新技術の向上をサポートするというものです。他団体さんも、打ち合わせと内部での検討を重ね進行中ですが、高知SGG善意通訳クラブさんが一足早く発信をはじめています。その結果は・・・事業の甲斐があるなあというもので、佐々木先生の丁寧な準備とご指導で、素晴らしいページになったと思います。ホームページを見ていただけると活動内容はよーくわかるのですが、入り口は沢山あった方がいいので、かいつまんで活動のご紹介をいたします。

 高知SGGさんは国際交流のボランティアグループです。主な活動実績は、○高知城でのガイド○自主事業による国際交流イベントの開催○通訳・案内(個人や団体の観光、レセプションなどの公式行事、来高団体アテンドなど)○翻訳(高知城案内版やラオスへ送る絵本など)○高知城英語ガイド講座・・・など多岐に渡っています。そしてその実績を支えているのは、水曜日と土曜日に、月に各3回ずつ開催される勉強会と定期的な会報発行です。

 勉強会は、国際交流員さんなどのネイティブスピーカーのレクチャーがあったり、時事問題を語り合ったり、ガイド内容について勉強したりと、毎回充実しているようです。水曜日、土曜日共に10:00から12:00まで。水曜日は国際交流協会研修室にて、土曜日は市民活動サポートセンターにて、主に開催されています。ご興味のある方は、ホームページをご覧の上、まずは見学されてみてはいかがでしょうか。年代も、10代の学生さんから70代ぐらいの方まで幅広くいらっしゃいます。11月30日には、寺田寅彦記念館で、西畑人形の公演イベントも行われます。是非問い合わせなさってみてください。

 英語を勉強するモチベーションが049.gifするであろう活動メニューがたくさんの高知SGGさんのホームページは、http://http://kochisgg.hp.infoseek.co.jp/です。

 
  
by KVNC | 2008-10-27 18:00 | たけだ
一歩出てから
久々の土曜日事務所当番。
今週も、NPOや社協、中間支援組織、行政の方々、学生さん…いろんな人達といろんなお話をする機会が多く。楽しくて元気になる話、ちょっと重くて責任を感じる話…様々ですが、センターのプロジェクトも、市民活動も、着実にすすんでいるのだと思い込んでおります。

というわけで、最近特に(?)自席にいることが少なくなっていて、スタッフに負担、迷惑を。
今日も岩本さんが自発的に事務所へ。どうもすみませんね。

やらないかんことメモ」も増加傾向のなか、今日は、来週に控えている会議や講演の資料を一つずつ作成。設定した最低限のノルマもなんとかクリアでき、「…メモ」も若干減少。

f0006215_1862671.jpg土曜日は、同じフロアの他部署がお休み。
基本的に1名体制なので、昼飯を買いに行くときなどは、留守番電話にセット、カギを閉めていって出掛けています。
タバコを吸うときも、センター南のドアから一歩外(屋上広場)に出てからで、電話や来所があっても気がつくように。
今日、事務所に寄ってくれたNPOの方、社協の方も、喫煙家なので、一歩出てからお話を。

そんなこんなで、来週もまたまた、たくさんの人とお話しする機会が。
楽しみ…だけど、またまた自席にいないことに。
by kvnc | 2008-10-25 18:11 | 半田
発送祭
昨日に引き続き、半田さん、北村さんは県社協職員の災害など起きた時の説明会の説明する側として、okamotoさんは参加者で。
宮川さんは法人設立の書類づくりなど。

そして、たけださんは発送祭!
それに一緒に参加。
okamotoさん、半田さん、マツモトさんも途中少し参加。
北村さんも違う発送。
たくさんの封筒や小包が行き交う。
発送祭を仕切ったたけださんはさぞかし疲れたことと、ご苦労さま。

ネガティブなのか、自己分析がしっかりできているのか、少ししんどい状態が続く。
さて、これを抜け出すいい方法は?
まずは、帰って妹と映画へ。
by kvnc | 2008-10-24 19:21 | いわもと
四万十町に行きました
今日は武田さんがA勤務。
10時から「大規模災害発生初期における高知県社協職員の行動指針」について、武内課長と半田さんから説明がありました。
南海地震がきたとき、豪雨災害にあったとき、県社協職員としてこう動くべしという話です。

私はセンターに来るまでは、災害に関して無関心なところがありました。南海地震が絶対来ると言われても他人事のようにしか感じられなかった。
しかし、センターに来て災害VCの事業にかかわったことで、考えが自然と変わりました。

夜は「四万十町の10年後をつくる会」に参加するため土砂降りの雨の中、四万十町に行きました。
私たちの第2分科会は「交流・移住希望者の受け入れ態勢の整備」ということで、まず、モニターツアーを開催しようということで話が進んでいます。
で、そのモニターツアーの下調べをしないといけないということで12月に1泊2日の下調べツアーを敢行することになりました。はてさてどんなモニターツアーができるか楽しみです。
また報告しますね。

それではまた来週。
by kvnc | 2008-10-23 22:39 | 宮川
ボラフェス正副委員長会 反省会
今日は、宮川さん、岩本さんがお休みです。

半田さんは、来客や打ち合わせ。
岡本さんは、今晩行われる、ボラフェス正副委員長会の準備。
武田さんは、打ち合わせや助成金情報の取りまとめを。
北村は、こうちNPOフォーラムの発送作業を。

6時半からボランティアフェスティバル正副委員長会の反省会が4階の会議室で行われ、坂本さんも参加してくれたようです。

体調が良くなかったので、定時に帰ってしまい、残念ながら話しできませんでしたが、また、遊びに来て下さいね006.gif
by kvnc | 2008-10-22 22:15 | 北村
プロジェクト発走。
10月21日業務内容&県内NPOホームページ拝見記その12

 10月21日。北村さんはA番です。本日は、午後よりチャイルドラインの説明会準備会のメンバーの方が、作業と打ち合わせを行ってくださいました。わたしは主に輪ゴムを求めて走り回っていましたが、その間メンバーの方がしっかりと段取り、作業を行って下さっていました。たぶん次々回あたりから、わたしは不要になるはずです。ちょっとボリュームある作業だったため、岩本さんと北村さんにも応援を頼みました。また、チョンヘさんが声をかけてくれ、同じフロアにある、若者サポートステーションの方も手伝ってくれました。夕方からは幹事会があり、半田所長、宮川さんと岡本さんが出席しました。

 さて、県内NPOホームページ拝見記その12 高知いのちの電話協会さんは、1988年に『こころのダイヤル』として活動を開始され、1999年に、『いのちの電話』を開局されました。いのちの電話は、悩む人の話に耳を傾け、自殺予防を目的とする電話相談です。全国に50のセンターがあり、約8000人の相談員の方がいらっしゃるそうです。

 この電話相談の受け手となるには、約1年間、80時間にわたる講習を有料で(HP記載では25000円))受講し、認定を受けなければならないそうです。

第一ステップでは、幅広い年代や状況に対応するための講座やカウンセリングの技法などを。
第二ステップでは、心理的な療法・分析などについての実習などを。
第三ステップでは、研修生同士による模擬によるトレーニング。
第四ステップでは、実践による、電話応対トレーニング。

 “危機介入も守備範囲です”と、お書きになっていらっしゃるので、やはり対応にはそれなりの専門知識とトレーニングが必要なのであろうと感じますし、また、話を受け止める、相談員の方の心のサポートも必要なのだろうと思います。ちょうど11月頃から、相談員の受付開始が行われるようです。ご興味ある方は、ホームページ等で詳しい内容をご確認の上、直接問い合わせされて下さい。

 現在高知では、365日毎日、朝9時から夜9時まで電話受付を行っていらっしゃいます。他の県では、365日24時間対応も多く、『眠らない電話』といわれることもあります。ボランティアさんが毎日電話を受けるというこの体制に、どれだけ沢山の方の気持ちや根気が注がれているかを考えると、身が引き締まる思いがします。

“私たちの活動は「一隅を守る」努力に過ぎません”という言葉の書いてある、高知いのちの電話協会さんのホームページは、http://www1.quolia.com/kochi-inochi/top.htmlです。
f0006215_14415396.jpg

by kvnc | 2008-10-21 17:59 | たけだ