人気ブログランキング |
<   2011年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
年度末
本当の年度末です。
センターから去っていくのは宮川さん。
でも、その宮川さんは現在宮城にいます。
帰ってきたら、地域・いきがい課の人。
私とコンビを組んでの仕事が多かったので、とてもお世話になりました。
宮川さんは、私みたいに文句は言わず、黙々と仕事をします。
本当にすごいと思います。
私はきっとそんな風になれないけど、少しでもがんばらなくてはいけないなぁと思います。
何か困ったことがあったら、また助けてください。

センター以外でもたくさんの人が今日プラザを去ります。
いつも、いろんなことを思います。
お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。

今年度もたくさん、いろんなことがあったけれど、その想い出もすべてかき消す勢いで3月11日以降暮らしている気がする。
あの日からすべてが変わってしまった人たちが多いと思う。
遠く離れた私たちに、何ができるのか、それも考えていけたらと思う。

私たちは、新年度を迎えます。
今年度お世話になったみなさま、また来年度もよろしくお願いします。
by kvnc | 2011-03-31 17:46 | いわもと
年度末っぽい
いろいろなことが気になりすぎて、忘れてましたが、年度末らしいです。
年度末には来年度の準備をしなくてはいけないということで、その書類に関して氏原さんと格闘しておりました。
特に、私にとっては初物で、こんな時に上の2人がいないと厳しいなぁと思いました。
その結果、無事できたのかどうかは、明日みなさんに見ていただき、わかることでしょう。

そのほかにも、私の本来業務であるNPO法人に関する相談もあり、なかなか忙しかったのです。
おかげで、先に言い訳しておきますが、机周りはまったく片付いていません。
やる気もないですが、それ以上に今の状況がそこまで許してくれません。


今日も災害に関するお問い合わせをいただきました。
高知県が集めている物資以外はなかなか高知で集めることができていません。
それは、現地のニーズが日を追うごとに変わっていったりするので、距離的なことやいろんな条件を考えて、高知県で集めているものをご紹介しています。

でも、それ以外に関東までまず送っていただく、という方法もあります。
インターネットで検索していただければ
「災害メッセンジャー」
-URL-
http://www.saigaimessenger.info
ご覧になっていただき、合うものがあれば、こちらをご利用ください。
by kvnc | 2011-03-28 22:32 | いわもと
日曜出勤
普段はない日曜出勤。
センターは日祝日はお休みですが、3月11日以来何か問い合わせなどあった時のためにオープンしてます。

今日は、そんなに電話もならず、お客さんは2組。
そして、その2組とも私がいるのがわかっていて寄ってくれた友達たちです。
新女子高生になる友達は、赤いピッピちゃんタオルを見て「これ持ってないき、買ってく」と自分のおこずかいで買っていきました。
その親御さんは、ここにある募金箱やったら安心やき、と共同募金会の募金箱にお金を入れていってくれました。
私たちの紹介するものは、とても信頼感もあるということで、これからもしっかりいろいろなものを伝えていかなくてはと思います。


そして、ここに書くことではありませんが、仕事が終わったあと、とても嬉しい再会もありました。
高校生からボランティア活動を積極的に行っていた現在香川県人、かわいらしさは相変わらずです。


あれから2週間あまり。
現地の人は少しでも休めているのでしょうか。
社協の人、働きづめじゃないでしょうか。こんな時に休んでられない、と思うかもしれないけど、少しでも休めるようになってほしいと思います。
高知県社協から宮城県東松島市に現在は4名のメンバーが入っています。
ボランティアニーズはたくさんあっても、ニーズにたどりつくためのガソリンなどが足りなくて、大変らしいです。
そろそろその状況も打破されるのではないかと思いますが…。

何か高知からできることはないかと思ってしまいます。
何もできないし、何もしないことが支援につながるとわかっていても、はがゆい想いになります。
何か高知でプロジェクトが組めるようになれば、またみなさんにもご協力をお願いします。
by kvnc | 2011-03-27 22:33 | いわもと
新年度に向けて
今日もバタバタしています。
人は少ないですが、元気にオープンしております。

午前中に来年度前期にセンターに来ていただく、小学校の先生が来ていました。
宮川さん、氏原さん、いわもとでそれぞれの事業などを説明して、その他この組織についてなどいろいろお話させていただきました。
とても感じのいい、そしてまじめな方でした。
心強く思います。
みんなで楽しく来年度を作っていけたらいいなぁと思います。

そして、夕方は宮川さんはNPOの講座があり、外へ。
そんな宮川さんは、明日宮城県に向けて出発です。
異動もあるので、最後のNPOの講座で、帰ってきたときには「地域・いきがい課」の人になってます。
またその辺は来週。


今日、宮城入りをしていた半田さん、ミツハシさんが戻ってきました。
大変だったと思いますが、現地では避難所からボランティアに通ってくださっている方もいるとのことです。
大変な状況の中、どういう支援ができるのか、現在できるのは情報収集と発信くらいですが、私たちも考えていきたいと思います。
by kvnc | 2011-03-25 17:57 | いわもと
3月24日の木曜日
今日は私がA勤。
岩本さんがお休み。
間さん宮城。
私も第3陣として土曜日に出発します。

さて、私このたびの人事異動でセンターから去ることになりました。
地域生きがい課という課に配属です。

たくさんの方々にお世話になりました。
本当にどうもありがとうございました。
スタッフのみんなもありがとう。
みなさまとのご縁は、これからも大切にしていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by kvnc | 2011-03-24 19:00 | 宮川
日常を取り戻しつつ、運営委員会
本日、間さんと隣の課の中城さんが現地に出発しました。
高知県社協職員が入るのは、宮城県です。
半田さんからのレポートにもありましたが、徐々にボランティアのニーズは上がってきているものの、そこまでの移動手段の車のガソリン問題があるため、もどかしい想いをしているようです。
そして、岩手に入っているセンターの運営委員の山﨑さん(NPO高知市民会議理事)の報告では、まだその地域ではボランティアセンターは立ちあがってないとのこと。
状況によって、まだまだ差があるようです。

そんななか、センターも通常業務もしていかなければいけません。
今日は法人相談も2.5件ありました。(間さん、私が残ってよかったです)
 →というのも今日は大栃中学校で2年間の福祉教育のまとめの会がありました。2年間かかわってるので行きたかったのですが、そちらは氏原さんにお任せして。

午後から、宮川さんたけださんが四国内の「新しい公共」の意見交換会に。
それぞれの支援センターや県の担当課が来られたようです。
香川からは奥澤さんも。

夕方からは、センターの運営委員会全体会が行われました。
今まで拒否してきましたが、今回初参加、チョウノ部長、宮川さん、氏原さんと出席です。
今年度と来年度の事業についてみなさまに意見をいただきました。
2年の任期の最後の会でしたので、みなさまにお礼を述べ、無事閉会しました。
by kvnc | 2011-03-23 23:03 | いわもと
今日のセンター
本日はそれぞれいろんなことをしてました。
明日からうちの所長も宮城入りということで、残されるものたちへの引き継ぎ打ち合わせもしました。
できる限りのことをしていきながら、通常業務も年度末ということでやるべきことがあります。
毎年作っている事業レポートやてをつなごうも追い込みの時期。

さて今日もいろんな相談を受けました。
やっぱりボランティアをしたい方や、テレビなどを見て、何かを送りたい方。
それぞれの想いを受けつつ、現在はまだその状態にないこと。
そして、高知からボランティアで入る難しさなどを説明させていただいてます。

現在は、ボランティアは自己完結できる人を募集しています。
衣食住すべて自分で賄わなくてはいけません。
高知から行くにはかなり難しく思います。
県外から募集が始まる時期は必ず来ます。
その時まで気持ちを持ち続けてもらいたいと思います。
そして、その時も自分のことは自分でできるように準備をしておいてください。
by kvnc | 2011-03-22 19:01 | いわもと
【番外編】募金活動について
昨日の研修、神戸にて参加したセミナー「認定NPO法人」取得のための講座についても書きたいけれど、こちらはまた後日。
でも、本当に市民活動センター神戸さんの講座はわかりやすかったです。

本日は個人的に、NPO高知市民会議が行った「東日本大震災現地NPO応援基金」の募金集めに行ってきました。
そのほかにも、高知県共同募金会さんや日本赤十字社高知県支部さん、JC(青年会議所)さんも含めたくさん義援金などを集めていました。(など、というのは私自身すべての団体が何を目的とした募金を集めているのか知らないので)

正直、あの状態で帯屋町のアーケードを通りたくない、と思うほどの人と募金箱がありました。
それでも、すべて「善意」なんですよね。
行くこともできない、物資も送れない、それなら自分たちのできることは?と思ったときに、「募金を集めること」というのができることなのだと思います。
お金を入れてくれる人たちも老若男女幅広いです。
若い世代の人たちも恥ずかしそうにお金を入れていってくれます。
1円でもたくさん集めればとても大きなものとなります。
みんなの気持ちが嬉しく思います。

この活動をしていたら、今日はたくさんの知り合いにも会えました。
私はもともとこういう活動が苦手で、以前はやりたくなかったのですが、もう慣れました。


仕事でのこういった情報発信とともに、今私ができることはこんなことです。
現地に行ってる私たちの仲間のような活動はできなくても、少しでも何かできることをしていきます。

被災地も雨ですね。
被災されたみなさんや現地に入られているみなさん、風邪ひかないように。
by kvnc | 2011-03-20 22:46 | いわもと
高知県が集めている物資について
高知県が物資を7種類集めていましたが、毛布は数量確保できたということで受け入れを中止したそうです。

現在は以下の6種類のものを集めています。
保存食(カップ麺、インスタント麺、乾パン)
水(ペットボトル(500ミリリットル・2リットル))
その他飲料(ペットボトル(500ミリリットル・2リットル)
生理用品
粉ミルク
紙おむつ

それぞれ1種類につき1箱でまとめていただけると嬉しく思います。

詳細は以下のページで。
高知県庁ホームページ
by kvnc | 2011-03-20 10:56 | いわもと
未曾有の災害

情報の渦の中、現地の状況が少しずつ明らかになるにつれ、その被害の甚大さと被災者の方の状況を思い、心がつぶれそうになります。

高知県ボランティア・NPOセンターへも、多くの個人の方から「現地へ駈けつけたい」「物資をすぐ送りたい」とのお申し出を頂いています。そのお気持ちを十分にわかりながら、現地での受け入れ態勢のこと、流通のこと、燃料不足のこと、安全確保のことなどを考え、今はお止めすることしかできません。申し訳ありません。
ピッピネットでも、センター運営委員がコラムを書いています。よろしければご覧ください。

被災地支援「人・モノ・金」
http://www.pippikochi.or.jp/pippicolumn/2011/03/post.shtml

今は、「救助活動や支援を行う団体を支える」という形でのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

また、情報網の確保と現地対応者の方の業務軽減のため、現地の災害ボランティアセンターや行政窓口などへ直接お電話されたり物資を送ることは出来るだけご遠慮いただき、該当団体のホームページやツイッターで受け入れ情報をご覧くださいとのことです。現段階(3/19)の情報では、まだ個人のボランティアの方の県外からの受け入れは始まっていないようです。


現地でご活動されている高知県のボランティア・NPO団体の方や支援団体の方、大変な中でのご活動だと思いますが、現地の方へ高知の気持ちを少しでもお渡しください。どうぞよろしくお願いいたします。
by kvnc | 2011-03-19 12:10 | たけだ