人気ブログランキング |
<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2011年度締めくくり
正確に言うと、今日は2011年度の締めくくりの日ではありません。
センターとしては、土曜日も開館日ですので、明日が2011年度最終日となるわけですが、北村さん以外は出勤しないので、私も今日が締めくくりの日です。
そんな日ですけど、間さんも途中からいないし、武田さんもいません。


個人のことを書くとまたどこからか怒られてはいけないので、勝手にセンターとしての総括を。
今年度の初めは、東日本大震災の支援から始まりました。
なんとなく、落ち着かない日々が続き、センターのプロパー職員3名は宮城県東松島市に何度か伺いました。
被災された方で高知県に来られた方への支援事業などもありました。
そんな中、新しい大きな事業としては「新しい公共支援事業」が始まり、特にNPOの世界では、大きな法改正などがあり、それに関連する学習会や専門家派遣事業なども行いました。
もちろん、例年通りのボラフェスなどもあり、なんだか忙しい日々を過ごしていた気がします。


f0006215_22382363.jpg人数も過去最高を記録したセンター職員。
間所長、笹岡さん、氏原さん、たけださん、北村さん、橋村さん、小松さん、久松さん、濱口さん。
みなさん、それぞれありがとうございました。
今年は残念ながら、笹岡さんと橋村さんがセンターを去ります。
想い出を話し出すと、とても長くなりそうなのでやめておきますが、寂しい気持ちでいっぱいです。
ただでさえ、新たな環境になじむのに数か月、人と本当に話せるようになるには1年近くかかり、やっと慣れてきたのに…。
(それは、接客業としては失格っぽいけど、仕事の話はきちんとそれなりにできるのです)


f0006215_22385192.jpgそして、長年県社協をを引っ張ってこられた島田会長が退くという衝撃的なニュースもありました。
もちろん私たちが直接仕事の話をするということはなかったのですが、パソコンのことで声をかけてもらったり、ペタンク部の活動に参加?して、とても上手だったりという想い出があります。
直接ではないにしろ、会長のもとで全国ボラフェスを行いたかった気がします。
とてもみんなから慕われていた会長でした。


ふりかえってばかりではいけません。
次の月曜からは、また新たな気持ちで、新たなメンバーで仕事をします。
しっかりと頑張らないと。

センター、いろいろありますが、関係のみなさま、来年度もよろしくお願いします。


なので、今年度の愚痴は今日発散しておけばいいのかなぁ。
なぜか下からお呼びがかかったので、何やらお仕事して帰ります。
by kvnc | 2012-03-30 19:07 | いわもと
机の移動
今日は朝から一騒動。
県社協4Fフロアのお引っ越し大作戦がありました。
動かない部署もあるし、うちみたいに場所は変わらず、机の並びが大幅に変わるところなど様々です。

最初の構想と違って、これ以上の場所を広げることができず、しかし机は1つ増えるという中、なんとか収まりました。
来ていただければわかると思いますが、ちょっと印象が違うと思います。
お楽しみに。

でも、ますます一番離れている人とは離れてしまった感があります。


間さんは、そんな中、香南市へお出かけなどしていました。
そして、明日も昼前から東京に行くようです。
最後の最後まで忙しく、あちこち行きまくってます。
by kvnc | 2012-03-29 18:40 | いわもと
高知こどもの図書館さん訪問
企画展 『読んどく!?2007-2011』
二階の多目的ホールで4月22日までやってらっしゃるそうです。
面白そうな絵本が沢山ありました。



f0006215_1651579.jpg




ところで、
高知こどもの図書館さんに本日質問をしました。

「貸出しが増えても無料なので収益はあがらず、忙しさが増していくのですが、そのことにジレンマは感じませんか?」

ひまな方がよっぽど辛い。利用者を増やそうと思わなくなったらばNPOの意義がない。事務仕事など大変だけど、経理書類は持ち帰ればできる。貸出は開館時間にしかできない。利用が多い忙しさは全然問題ない。

とのことでした。
f0006215_1712543.jpg
また愚問をしてしまいました。
by kvnc | 2012-03-26 16:54 | たけだ
毎年恒例の人事異動発表
本日、センターの母体である高知県社会福祉協議会の平成24年4月1日付の人事異動が発表されました。
これ、本来は私が発表するべきでもないかもしれませんが、気にされている方もいるかもしれませんので、一度この辺で出しておきます。

来年度の体制とお知らせです。

所長      間  章(生きがい推進課長兼務) 
主事      仙頭 正輝(こうち若者サポートステーションより) 
主事      氏原 由理
専門職員   武田真木子(採用)
非常勤職員 岩本 理香
事務職員   北村 真奈
事務職員   小松 美紀
事務職員   久松 聡美
事務職員   大川内 真由美
研修生   1名  …県教育委員会より受入(4月~9月)
退職       笹岡 武夫(3/31付)
契約期間満了 橋村美佐子


今年は例年に比べると発表が遅かった気がします。
毎年、いろいろ思うのですが、今年もですね。
早速、半田さんが間さんとおしゃべりに来てました。
そして、その時にこのブログの話にも…。


間さんは兼務課長になるので、ますます相談ごとがしにくくなります。
仙頭さんは、初めて一緒に仕事をすることになるので楽しみです。
氏原さんは、3年目でセンターの核になる人だと思います。
武田さんは、新たに法人相談系の専門職員となったので、私は少し肩の荷が下りた気がします。
事務職員3名の方は、これからもよろしくお願いします。
そして、新たな人も。
残念ながら、2名の方が職場を去ります。
2人とも惜しまれつつですが、それぞれ仕方のないことです。
またの機会に何か書けたらいいなと思ってます。


さて、なぜか今から飲みに行くぞ!
by kvnc | 2012-03-21 20:13 | いわもと
ファンドレイジング・ジャパンinこうち評価会
本日は、ファンドレイジングジャパンinこうちの評価会。
この会にでるはずの間さんは宮城出張だったため欠席。
氏原さんと2人で出てきました。

参加者が当初の目標を上回ったし、内容もとても満足のいくものだったという実行委員のみなさんからの意見でした。

特にファシリテーショングラッフィックをはじめとする学生のみなさんの活躍は、すべての人が感動していました。
個人的にも知っている学生さんたちでしたが、本当によく働いてくれて、あちこちで自慢のできるメンバーです。
いろんなセッションを聞きに行きたかったという学生さんの声もあり、勉強できる機会を奪ったのは申し訳なかったけど、事務局としてはとても助かりました。

反省すべき点もありますが、来年度はセンターが頑張っていかなくてはいけません。
今回、「自分たちがお金を集めるのは限界で、これからは集めてくれる人を増やさなければいけない」という話になり、ファンドレイザーを増やすという視点が重要だという話になりました。

今年まいた種を、来年度もっと広めることができるようにしたいと思います。
参加いただいたみなさん、講師や関係者の方々、実行委員、スタッフに感謝して、今年のファンドレイジング・ジャパンinこうちを終了したいと思います。


ここからは、楽しい交流会。
プラス女2人での2次会へ続きます。
by kvnc | 2012-03-17 23:47 | いわもと
普通の月曜日~1年の経過~
今日はごくごく普通の月曜日。
お休みの人もいて、大川村に行く人もいて、それぞれのお仕事をしておりました。


昨日で東日本大震災の発生から1年が経ちました。
1年が長いのか短いのかもよくわかりません。
そして、1年だからといって何かが劇的に変わるわけでもありません。
なので、嫌だと思う人がいるかもしれないけれど、できる発信は続けていきたいと思います。

私が最近したのは「支援金」への募金。
義援金にも最初の頃、募金もしましたが、今回は日本NPOセンターさんが行っている東日本大震災現地NPO応援基金への募金です。
NPOのための募金ということで、きっと現地で何か役に立つはず、と思ってます。
別に募金でなくても、東北のいい商品を買うとかでもいいと思うんですけど、いまいちネットショッピングとか苦手なもので…。
みなさんも、何かに想いを馳せてみませんか。


twitterでNHK_PRさんという方がいらっしゃいます。
とても大好きな方なのですが、その方が3/11におっしゃってました。
「3月11日は悲しい日になりました。多くの方にとって、決して忘れることのできない日になるでしょう。でも、だからこそ、あえてツイートします。毎日が必ず何かの日です。だから今日が誕生日の皆さん、おめでとう!!だから今日が記念日の皆さん、おめでとう!! 」と。
多分、何も知らない方からすると不謹慎と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、でもやっぱりそうであるべきだと思います。
たしか、マツモトさんも誕生日だったと思います。
おめでとうございます。
by kvnc | 2012-03-12 18:01 | いわもと
頭がパンパンに
久しぶりの土曜事務所出勤。
今日は、「NPO会計・税務相談」の日。
毎度のことながら岡田先生大活躍の日です。

いつもなら事務所当番担当者と相談に入る担当者が出勤してくるのですが、今日は方々に散っているため私ひとりです。
相談に来られる団体さんもプロの方(相談慣れしてて、岡田先生とも顔見知りの)ばかりなので、完全に先生にお任せです。
そして、相談に来られるプロの方たちは、自分たちの聞きたいことをポイントを押さえて来られるということで、とてもスムーズな相談でした。

なので、先生のあいてる時間は私の勉強タイムです。
以前に比べるとましになってきましたが、相変わらず会計に弱いので先生を捕まえ、ごく初歩の言葉の意味から、これから変わっていく会計書類についてまで幅広く。
今日も実り多い1日です。
途中で、局長も加わり法人の初歩の話も。
忘れかけているのですが、法人にとって大切なことなどを思い返しました。


そして、もうアップが遅すぎて残り今日と明日になってしまいましたが。
11日まで春のおきゃくの中でファンドレイジング・ジャパンinこうちの流れから寄付ぎふとプロジェクトとして寄付付き飲食店が5店舗あります。
詳しくはこちらを。
FRJinこうち副実行委員長畠中智子さんブログ


久しぶりにリアルタイムアップしますが、これまでの15日間くらいでまだまだアップしたいことがたくさんあります。
かなり後だしになってしまいますが、そしてどこが変わったのかわからないかもしれませんが、近日中にアップしたいと思います。
by kvnc | 2012-03-10 16:06 | いわもと
南国市社協開催「~絆~東日本大震災と復興に向けて~
今日はコーディネーターをする間さんと、北村さん、久松さんと南国市社協の開催する「~絆~東日本大震災と復興に向けて」というパネルディスカッション?に伺いました。

今回は、私たち高知県の支援に入った東松島市社会福祉協議会の杉山さんとそのお母さん、そして当時高校を卒業したばかりでボランティアに来ていた奥田さんの3名をおよびしていました。
実は、杉山さん母娘は高知では有名で、支援に入ったメンバーからは必ずそのお名前を聞いていました。
あの当時、現地の方はみんなが被災者で、そして社協にいる人ももちろんそうで、いちばん身近にいる杉山さんたちを高知のみんなは本当に応援してました。

今回のテーマは「絆」。
杉山さん母娘は「家族の絆」について、奥田さんは「友達との絆」について、南国市社協川竹次長は「地域の絆」について、それぞれお話されました。
絆ってなんだろうと行きの車内でも話していましたが、言葉にできなくても話を聞き、いろんな絆があり、それはかけがえのないものだと思いました。
杉山さん母娘は家族が出会うまで3日ほど要してます。
奥田さんもその日中に家に帰り着くことはできなかったそうです。


私にとっては、実際被災された方のお話を聞くのが初めてでした。
せっかくなので、たくさんの人に聞いていただきたかったというのも本音です。


このシンポジウムは明日も少し内容を変えて行われます。

そして、この数日間は高知の仲間たちが盛大に歓迎の意を表すものと思われます。
by kvnc | 2012-03-09 18:12 | いわもと